シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換方法~2.macOSをインストールする~

2017年7月27日

前回、「シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換方法~1.SSD選び方・道具・手順紹介~」からの続き。

今回は、TimeMachineでバックアップをとったあと、SSDをフォーマットし、OSを再インストールするまで。

バックアップとSSDフォーマットは終わってるよ!という方は、こちら「シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~3.HDDとSSDを交換する~。」

手順のおさらい

  • TimeMachineでバックアップを取る
  • SSDをフォーマットする
  • SSDにmacOSをインストールする
  • HDDとSSDを付け替える
  • TimeMachineでバックアップを戻す

※SSDにOSをインストールせず、TimeMachineのみで戻せる気もしましたが、念のため作業しました。

TimeMachineでバックアップを取る

Mac Basics:Time Machine で Mac をバックアップする方法「外付けドライブを使って Time Machine のバックアップを設定する方法」を参考にバックアップをとりました。

初めてのTimeMachineを使ったバックアップだったので、90GBでおよそ1時間ちょっとかかりました。

SSDをフォーマットする

IMG01

SSDにSATA/USB3.0変換ケーブルを取り付け、USBポートに挿したあと、「option」キーを押しながら電源をいれます。
上の画面になるまで「option」キーをおす。
表示されたら、「復旧-10.9」を選択。

 

MAC_IMG02

OS X ユーティリティから「ディスクユーティリティ」を選択

 

Mac_IMG04

左のメニューから、接続しているSSDを選ぶ。
次に、右側タブにある「パーティション」をクリック。
「パーティションのレイアウト」から【1パーティション】を選択し、「適用」をクリック。

 

Mac_IMG05

「パーティション」をクリック

 

これでフォーマットは完了です。

フォーマットの手順については、こちらを参考にさせて頂きました。
Macのハードディスクをフォーマット(初期化)する方法

SSDにOSをインストールする

さて、フォーマットが終わりましたら、次はSSDにOSをインストールします。

IMG01

SSDをUSBポートに接続したまま、「option」キーを押しながら電源をいれます。
すると下の画面になりますので、右側の「復旧-10.9」を選択。

 

MAC_IMG02

OS X ユーティリティから「OSXを再インストール」を選択(画像はディスクユーティリティを選んでます。分かりづらくてすみません)

 

Mac_IMG06

再インストール先にSSDを選ぶ

 

Mac_img07

OS X Marvericksの表示がでたら、「続ける」をクリック。
およそ30分ほどで再インストールが完了します。

今回はここまで!
次回は、HDDとSSDを入れ替えていきます!
「シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~3.HDDとSSDを交換する~」へ続きます。