シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~その1~

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 Mac

Mac Book Pro(MD101J/A Mid 2012)のHDDをSSDへ換装しました。
さまざまなブログを参考に作業を進めたんですが、つまずいたポイントが何箇所かあったので一番シンプルでわかりやすいであろう方法をまとめました。
しっかりポイントを押さえれば、簡単ですよ!

今回は、購入したSSDと必要な道具、手順の紹介になります。
詳細手順を読みたい方は、こちら!

換装前環境

今回作業した環境はこちら。
OSバージョンや機種の違いで細部が異なる場合があります。

Mac Book Pro
MD101J/A Mid 2012
OS
Mavericks
HDD容量
500GBのうち90GB使用

SSDを選ぶ

今回使用したSSDは、こちら「サムスン 840 EVO 120GB」
サムスン 840 EVOシリーズは、他のメーカーよりも安く入手しやすかったので、これに決めました。

容量ラインナップには、他に「250GB」「500GB」「700GB」「1TB」があります。
現在HDDに入っている容量に合わせて選ぶとよいと思います。



※2015年7月17日情報更新

2014年9月にニューモデルが発売されました。新しいモデルがいい!という方はこちらをどうぞ。128GBモデルを表示していますが、他容量についてもリンク先で値段を確認できます。

発売当初よりも価格がこなれてきましたが、旧モデルと比較するとどの容量も約10%〜20%程度高いですね。
1TBだとおよそ1万円差。高いとみるかそうでもないとみるかは、人それぞれですが参考までに。

また、容量ごとに「ベーシックキット」「ノートパソコンキット」「デスクトップキット」とラインナップがあります。
「ベーシックキット」と「ノートパソコンキット」の大きな違いは、付属品の違い。
※ここでは「デスクトップキット」については割愛します。

「ベーシックキット」
「SATA/USB3.0変換ケーブル」「ノートパソコン用スペーサー」なし
「ノートパソコンキット」
「SATA/USB3.0変換ケーブル」「ノートパソコン用スペーサー」あり

SSDをフォーマット・データコピーする際に「SATA/USB3.0変換ケーブル」が必要になりますので、ベーシックキットを購入する場合は、別途購入するか「ノートパソコンキット」を購入しましょう!
ノートパソコンキットに付属する「ノートパソコン用スペーサー」は今回のケースでは使いません。

万が一、HDDやSSDが壊れたときにデータ救出するときにも、「SATA/USB3.0変換ケーブル」が役立ちますので、持っておいて損はないですよ!


 

必要な道具

「ヘクスローブドライバー」は必須になります。
「精密ドライバー」は、100均に売っているような精密ドライバーでも作業可能ですが、安いドライバーを使うと、ネジ穴をつぶしてしまい開けられなくなってしまった・・なんてことがよくあります(経験済み)。
力をあまりかけずに作業しやすいですし、メモリを増やしたりSSDが壊れたときにまた使えるので、SSDと一緒に買ってしまいましょう!
たかが数百円の差ですが、買う価値はそれ以上にあります。

換装までの手順

おおまかな手順は次のようになります。

  • TimeMachineでバックアップを取る
  • SSDをフォーマットする
  • SSDにOSをインストールする
  • HDDとSSDを付け替える
  • TimeMachineでバックアップを戻す

今回は、ここまで!
「シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~その2~」へ続きます。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらで配信中!いつもフォローありがとうございます!

Comment

  1. […] ・速すぎ!MacBook Pro (Mid 2012)のハードディスクをSSDに換装。 ・シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~その1~ ・MacBook […]

  2. […] 旧型MacBook ProをSSDで高速化、HDD時とは別物の快適さに シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順 […]

  3. […] ・速すぎ!MacBook Pro (Mid 2012)のハードディスクをSSDに換装。 ・シンプルで迷わないMac Book ProのSSD交換手順~その1~ ・MacBook […]